【高学年】JFAガールズサッカー大会inちはら台

今日はガールズ大会でちはら台まで遠征でした。日頃の練習の成果を確認出来る場として、毎回参加しています。

ガールズ高学年の4.5.6年生のレポートです。

高学年チームは6年生の部にエントリーし、6年生が1名の中で、自分より大きい選手ばかりが、相手の中で、よく頑張ったと思います。

1試合目
vs高洲SCホッパーズ
2-3 G.9番、5番

2試合目
vsきぼうFC
2-4 G.10番✖︎2

3試合目
vsかずさフラワーズ
0-9

3敗で終わりましたが、1.2試合目、共に後半に巻き返して追いつけず、残念なゲームになりました。子供たちには、1試合目が終了した後に、ゲームが開始されるホイッスルになると、しっかりゲームに集中するように伝えました。ゲーム前にふざけたり、遊んだりしてしまう選手が多くて、ゲームへの心の準備が全く出来ない選手ばかりです。負けて悔しがるくらいなら、しっかり気持ちの準備をして、無駄な失点は避けるようにしましょう。2試合目も、注意した事を忘れて、ゲームに入れない選手もいました。後半巻き返しましたが、追いつけませんでした。こういうゲームばかりやると、進歩しませんので、気持ちの整理という部分は、これから練習時には厳しくしたいと思います。技術面では相手が6年生でも負けていない部分もありましたので、良いところ、自分の得意なところをもっと磨いていきましょう。3試合目は、大分、格上、そして全員6年生でしたので、大差がつきましたが、2桁失点はなくて、さらにはチャンスは二度ほどあり、内容としては、1.2試合目よりも良かったと思います。最後のゲームは、ディフェンス面での指示をずっと出しました。当然、格上なのでボールは回されます。だけど、しっかりとボールにアタックに行かないと、時間とスペースを与えてしまうと思うように得点されてしまいます。ボールへしっかりアタックに行くように、相手が仕掛けるのを待つ必要はなく、抜かれてもいいので奪いに行くってところを口酸っぱく言い続けました。ようやく、皆んながボールに向かい、奪いに行くというところができたので、チャンスも生まれました。相手も6年生とは言え、同じ小学生なので、スペース、時間を与えなければ、ミスもするし、判断も間違えることは沢山出てきます。そういう思いで、しっかり試合時間内は走りきる、諦めないという気持ちでできるかどうかで、得点がとれるかとれないかに分かれると思います。

いずれにしても、今後は練習の時間から、気持ちの切り替えをしっかり出来るように、厳しくしたいと思います。そういう習慣は、サッカーだけではなく、テスト勉強、それから学校の授業などても、生きることだと思います。また、サッカーの技術に関しては、ガールズのみ所属している選手は、他の選手と比べると、何が足りないか、なんで自分は思うプレーが出来ないか、よーく感じ取れたと思います。男の子と一緒にゲームをするのが怖い、嫌だという選手もいますが、それならば足りない部分は自分で補わないと、このような大会では良い思いは出来ません。厳しいようですが、そういう選手は自分で補うことは必ず必要なので、よく自分の現在地を認識して、少しでも毎日ボールを触るような努力をしてほしいと思います。

今日は帯同、応援いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。ご自分の娘さんのサッカー現在地を、ガールズ大会ではどれくらいなのか測れる良い場所です。女の子の中でも、上には上が沢山います。これも、勉強、他のスポーツでも全く同じ事だと思います。今日の結果、内容の反省と、良かった点、しっかりと聞いてあげて、お子様を盛り上げて、良い点はしっかりと褒めてあげてほしいと思います。

引き続き宜しくお願いします。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    日雇いコーチ (日曜日, 12 11月 2017 21:53)

    以前に比べれば、だいぶ走れるようになってますし、寄せられるようになってるように思いました。
    気持ちの上でも成長を感じました。
    特に5番は普段学年練習でも見ていますが、プレーの上でも運動量は増えているし、昼食後も自ら仲間を練習に誘ったり、仲間の弱気を叱咤し、あるいは試合で負けた悔しさで泣くなど、正直「えっ?この子が・・・」と驚きの念をもって見ていました。
    また、5番、11番、9番は試合後、長谷広場で男子に交じってサッカーをしていたようです。
    今までは「男子、やだ~!」と言っていたんですが・・・
    まだまだ、これからもどんどん成長していくんだなぁ・・・
    そんな期待を持たせてくれる1日でした。